BYODはメリットと課題を考えて導入をしよう
admin tarafından 16 4月 2018, 00:00

Byodは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で利用することです。このbyodは仕事環境のリモート化による業務効率化や端末支給コストの削減、端末の物理的分散による災害時の被害軽減など様々なメリットがある反面、課題も浮き彫りになっています。
課題はいくつかありますが、その1つが、情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクです。情報漏えいや情報改ざんなどを防止するためにはセキュリティ体制を整えなければなりません。このセキュリティ対策を整えるにはコストがかかります。セキュリティ対策を整えても情報漏えいや情報改ざんのリスクがゼロになることはなく、byodを実施すると、通常のスマートデバイス端末導入に比べてセキュリティ対策によりお金がかかると言われています。Byodは企業として得られるメリットもあるものの、その分課題やリスクがあることもしっかりと踏まえた上で導入するかどうかを考えなければなりません。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

16 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm市場が拡大する理由とは?!
admin tarafından 06 4月 2018, 00:00

国内のモバイルデバイス管理(mdm)の市場はここ10年の間に急激な成長を遂げています。
これは企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んだためであります。
企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するとなると、導入した大量のモバイルデバイス端末の一括管理を行わなければなりません。大量のモバイルデバイス端末を企業の管理者だけで管理しようとすると非常に大変ですし、きちんと管理しきれないという状況になってしまう可能性もあるのです。そんな時に活躍するのがmdmです。Mdmは企業で導入したモバイルデバイス端末の一元管理を行う管理ツールであり、様々なセキュリティ対策、資産対策を行ってくれます。
企業でのモバイルデバイス端末導入が進めば、必然的にmdm市場も拡大していくことになります。
また今後国内企業での私物のモバイルデバイス端末を業務に用いるBYODが進めば、さらにmdm市場は盛り上がっていくでしょう。MDM(Mobile Device Management)とは?

06 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdmの環境設定
admin tarafından 27 3月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末をmdmツールで一元管理する場合、各種設定やアプリケーションなどを遠隔から配信して、活用環境を整備したり、運用を効率化したりする配備管理機能が利用できます。
環境設定機能として一般的なのはパスワードポリシー設定、Wi-Fi設定、VPN設定、メール設定、ブックマーク設定、グローバルHTTPプロキシ設定、Webコンテンツフィルタ設定、アクティベーションロックの有効化、データローミング設定の有効化、音声通話ローミング設定の有効化などがあります。パスワードポリシー設定では、管理デバイスのパスワード、パスコードの強度や再利用ルールをパスワードポリシーとしてスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末に一括適用できる機能になります。ブックマーク設定機能は、Webクリップ機能と世も呼ばれており、業務で利用することの多いwebページなどをブックマーク、Webクリップとして管理デバイスに一括で適用することが可能です。Ascent Networks MoDeM

27 3月 2018, 00:00 - Yorum Yap
教育機関での管理運用を楽にするmdm
admin tarafından 17 3月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットを利用するのは、一般人や企業だけではありません。近年では教育期間でもICT教育が積極的に行われており、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を用いた授業が積極的に行われています。大学や私立高校だけではなく、最近では公立の小学校、中学校など義務教育機関におけるスマートデバイス導入率も上がってきています。学校でスマートデバイスを効率よく活用、利用するためには、スマートデバイスの設定が重要になります。学習で利用するアプリをインストールしたり、アップデートしたり、導入したスマートデバイス端末がしっかり活用されるためには管理ツールを使用することが望ましいです。その管理ツールこそがmdmなのです。Mdmツールを利用してスマートデバイス端末を一元管理すれば、IT管理者である教師の負担は軽くなります。Mdmツールは遠隔から大量のスマートデバイスに一括で設定をすることができます。管理に関わるコストの大幅削減、さらには配備スケジュールの短縮などにもつながります。スマートデバイスの安全管理

17 3月 2018, 00:00 - Yorum Yap

Mdmを導入する企業では、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの盗難、紛失時の情報漏えいリスクを防止する目的で使用しているところが多いです。セキュリティ面がしっかりしているmdmを導入していれば、スマートデバイス端末の管理も安心です。またmdmにはセキュリティ対策機能として、利用できるアプリケーションを制限する機能も備わっています。この機能を活用すれば、1つのアプリケーションしか利用することができないスマートデバイス専用端末として活用することも可能です。
1つのアプリのみの専用端末にしてしまうと、単機能になりスマートフォンやタブレット端末に使い慣れていない人でも簡単に利用できます。このような使い方もmdmツールを用いた管理をおこなえばできてしまうのです。アプリの変更が多く、アプリの更新のたびにインストールをしなければならないような使用方法をしている場合、非常に面倒です。そのようなケースではmdmのアプリ配信機能を活用し、夜間に一斉に新しいバージョンにアップすることもできます。
http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

06 3月 2018, 00:00 - Yorum Yap
権限によって機能を変えられるmdm
admin tarafından 24 2月 2018, 00:00

企業でも教育現場でも同じことが言えますが、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入してそれらを管理するのは、1人の管理者だけではありません。複数の管理者が管理を行っていくので、それぞれの管理者ごとに利用できる機能があると便利でしょう。Mdmツールにはそれらの機能がついており、複数の管理者ごとに利用できる機能、管理対象となるタブレットの設定管理などをすることができます。
例えば教育現場では、教育委員会、学校、学年などそれぞれ権限を持つ管理者がいます。例えば教育委員会を権限Aとすると権限Aでは全体の管理、mdm全機能を利用可能にする、ポリシーの設定、学習に利用するアプリの選定などをすることができます。
次に学校のICT責任者を権限Bとすると権限Bでは所属する学校限定の管理権限機能や、mdm全機能を利用可能にすることができます。
学年やクラスなどの教員の管理者を権限Cとすると、学年やクラス限定の管理権限を持つようにしたり、授業で使用するアプリの配信や、端末紛失時のロック、ワイプなどの操作を行うことができるようにします。Ascent Networks MoDeM

24 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdmの制限設定とは?!
admin tarafından 14 2月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を円滑に業務だけで使用するように設定するためには、スマートデバイス端末の一元管理が必要であり、様々なスマートデバイス端末の機能制限を行うことになるでしょう。
例えば学校で生徒がスマートフォンやタブレットを利用するとなった場合、どうしても授業以外でも使用したくなってしまうものです。しかし不正使用を行うと学習効率は極端に下がってしまいますし、外部へ情報漏えいしてしまうリスクも高くなるため、しっかりと機能の制限設定を行うべきなのです。例えばカメラ、Bluetoothなどのスマートデバイス端末の一部機能を無効化したり、アプリケーションのアプリストア、ブラウザアプリなどのプリインストールアプリの利用を制限するなどの機能もついています。制限設定を行うことで業務効率のアップ、学習向上につながるので、スマートデバイス端末を円滑に利用するためには欠かせないmdmの機能と言えるでしょう。MDMによるスマートデバイスの安全管理

14 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
MDMはコンテンツ配信が可能
admin tarafından 04 2月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はこれからのビジネス社会において欠かせないツールとなっています。スピーディーな仕事へとつながるモバイルデバイスは、多くの企業で導入されており、ビジネスの効率アップ、視覚的に相手へ訴えることができるため、売り上げアップにもつながります。モバイルデバイス端末の管理にはMDMツールが一般的です。このMDMはスマートフォンやタブレットの有効活用をするために、コンテンツ配信などを行っています。カタログ、提案資料、会議資料など複数同時にスマホに配信することが可能です。知らせたい情報をすぐにデスクトップに配信するテロップ機能も搭載されており、会議、イベントマニュアル、研修などの配布資料をペーパーレス化することに成功しています。さらに管理者はMDMで一元管理することで、ビジネスパートナー、社内連絡先、など社内で共有しなければならない連絡先をユーザーに一括して配信することもできます。詳しくはこちら

04 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
情報漏えい対策に欠かせないmdm
admin tarafından 02 11月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレット端末はコンパクトなため、外出時も持ち運びができ非常に便利です。どこにいても最新情報を受け取ることができますし、仕事の効率化が図れます。しかしその一方スマートデバイス端末は常に持ち歩いてしまうため、紛失、盗難の危険性が高く、紛失・盗難におけるリスクは事前にしっかりと考えておかなければなりません。紛失・盗難リスクの危険性を回避するためにはmdm機能が欠かせません。Mdmはノートパソコンやタブレットの盗難紛失時に、遠隔よりデータを削除して、情報漏えいを防止することができます。またスマートデバイス端末をロックして悪用を防ぐこともできるのです。さらにGPSやWi-FiAPからスマートデバイスの位置を探知して、地図上に表示することも可能。地図上で指定された範囲からスマートデバイスが持ち出されると管理者にアラート送信をすることもできるのです。盗まれたスマートデバイス端末が発見するために警察と協力しながら取り戻すサポートもmdmでは行うことができます。mdmに関してはこちら

02 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmによる端末のセキュリティ機能の強制
admin tarafından 23 10月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の導入は、企業での業務効率化を促進するためには欠かせないツールとなっています。しかしその一方で顧客情報や機密情報の漏えいリスクが課題となっており、この課題をいかに克服するかが焦点となっています。Mdmはスマートデバイス端末に対するセキュリティ強化と一元管理を提供してくれるツールであり、企業内のスマートデバイスをより安全に、より統制の取れた形で利用することができるのです。
Mdmは紛失時の情報漏えい防止機能が付いているものがほとんどです。スマートデバイス端末を紛失した時に、遠隔での端末ロックやデータの削除、さらには向上出荷時状態への端末初期化(リモートワイプ)などを行うことができます。そのため、もしも紛失、盗難された時でも情報漏えいを防止することができるのです。
さらにmdmではセキュリティポリシー強制の機能もあります。
パスワードポリシーなどのセキュリティポリシーを強制的に適用させることで、利用者(エンドユーザー)に対して、端末のセキュリティ機能を強制することができます。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

23 10月 2017, 00:00 - Yorum Yap