リモートワイプの注意点とは?
admin tarafından 17 7月 2018, 00:00

リモートワイプはmdmの基本的機能であり、企業などで大量のモバイルデバイス端末を導入した時には欠かせません。しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の電源が入っていない場合にはリモートワイプを実行させることがができません。またモバイルデバイス端末が通信圏外になっている場合もコマンドを受信できなくなります。地下など電波が悪いところで紛失してしまったり、機内モードに設定していたりする場合は、リモートワイプをしても意味がなくなってしまうのです。
また電車や駅構内でスマートフォンやタブレットを置き忘れてしまうと、貴重品として金庫などに保管されるため、通信圏外になることが多いです。
そしてもう1つリモートワイプをする上で注意しておきたいのが、リモートワイプでは全てのデータを消すことができるわけではないということでs。
スマートデバイス保存用メモリー領域には、システム領域、ユーザー領域、外部保存領域があります。この中でもリモートワイプで削除できるのは、システム領域のみになってしまいます。
アプリに保存されているデータやSDカード内のデータは消去できないので注意が必要です。

17 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm市場拡大に伴うmdmの必要性
admin tarafından 06 7月 2018, 00:00

企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入される事例はここ最近急増しています。教育現場においても1人1台タブレットを支給するという時代がそう遠くないところまで来ています。
このモバイルデバイス端末の普及に伴い、モバイルデバイス端末の管理ツールであるmdmの市場も拡大しています。
mdmはモバイルデバイス端末を安全にそして効率的に一元管理するためには欠かせない管理ツールになりますので、多くの企業ではモバイルデバイス端末を導入するタイミングでmdmも導入しています。
mdmでモバイルデバイス端末を一元管理することでモバイルデバイス端末の運用効率は格段にアップします。
例えばモバイルデバイスやアプリの機能制御やパスコードの強制設定など様々なITポリシーの反映や多種多様なアプリの配信、管理をリモート操作で行うことができます。
さらに管理者権限の委譲を行うこともできるので、適切な役割分担のもとで目的に沿った運用を効率的に実現可能なのです。

06 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap

Apple DEPはapple社が行うモバイルデバイス端末を導入した時に必要な初期設定を行ってくれるサービスになります。
Apple DEPに登録をするとセキュリティ管理機能が向上します。自動インストールしたモバイルデバイス管理(mdm)構成プロファイルは、利用者では削除することができません。そのため管理者による管理が必要になります。リモート操作で監視モードを設定することで、モバイルデバイス端末の利用者によるアプリケーションの削除、airdropによるモバイルデバイス端末間のデータ共有などを制限して、モバイルデバイス端末内にある個人情報や機密データなどの情報漏えいを未然に防ぐことができます。
Apple DEPは法人企業や教育機関向けのサービスであり、2014年11月より日本国内での提供を開始したサービスになります。
Apple DEPに対応したmdmサービスを利用することで、mdmサービスに個別のモバイルデバイス端末を登録するための作業が一切必要なくなります。
iPhoneやiPadの法人利用に置いて、モバイルデバイス端末導入・運用コストを削減することが可能です。

25 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap

androidやiPhone、Windowsphoneなどスマートフォンは私達の生活において欠かせない存在になっています。現在では、多種多様なモバイルデバイス端末が私生活だけではなく、ビジネスにおいても利用されるようになっています。1人に1台パソコンの支給がされるだけではなく、スマートフォンや、タブレットなど複数のモバイルデバイス端末機器を利用する人も少なくありません。
業務用にスマートフォン、タブレット、ノートパソコンの3台以上のモバイルデバイス端末機器を企業から貸与されるケースもあるでしょう。
パソコンやサーバーに関しては、既存の資産管理ツールを用いて管理している企業が多くあります。
しかしandroidのスマートフォンやタブレットなどは、セキュリティ対策がそれだけでは弱く、明確な管理方法が確立されていないという企業が実は多いです。
このようなモバイルデバイス端末に関してパソコン並みとはいかないまでも、携帯電話に比べると高機能でありながら、セキュリティ面、仕様面で十分に管理されていない部分があるため、きちんとした端末管理が必要になります。

15 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap

スマートフォンにはAndroidやiPhoneなどのデバイスがあります。andoroidの開発元はGoogleであり、このGoogleではユーザーがandroid端末を快適に利用できるような様々な端末管理ツールを提供しています。パソコン版のGoogleplayでは、android端末にアプリを遠隔インストールする機能があります。
アプリケーションを選んでインストールをクリックすると、自分のアカウントに紐づいているandroid端末がプルダウンで表示されます。端末を選んでインストールをクリックすればandroid端末上ですぐにアプリケーションのインストールが始まるとても便利な端末管理ツールになります。
インストール時に表示される端末一覧は、Googleplayの設定画面で管理できます。
モバイルデバイス端末にニックネームをつけたり、使用しなくなった端末を非表示にしたりすることもでき、機種によっては端末のサムネイル画像も表示されます。

05 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap

タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を企業導入する場合、一元管理をしなければ業務効率化いはつながりません。
きちんと管理していない状態の場合、利用者がどのように利用しているのかが分からないため不正利用にもつながりやすく、逆に業務効率を下げてしまう恐れもあるのです。
またセキュリティ面をきちんと強化しておかなければ、外部に情報漏えいしてしまうリスクもあるでしょう。
そこで重要になるのがmdmの利用です。
mdmを利用してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することによって、セキュリティ強化、管理者の負担の軽減につながります。
mdm製品を比較する上で重要になるのが、簡単にデバイス登録ができるのか?ということです。
管理者の負担を最小限に抑えつつ、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が簡単にデバイス登録できるのかがポイントになります。

25 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
Apple ID不要のアプリ配布が可能になったVPP
admin tarafından 15 5月 2018, 00:00

VPPとはapple者が企業や教育機関など法人向けに提供しているサービスであり、組織としてアプリを購入できるストアのことです。2015年9月に発売されたiOS9からVPPにおいて、一括購入したアプリをデバイス単位で割り当てる方法が解禁されました。
VPPでは以前からアプリを複数ライセンスで一括購入することが可能ではありましたが、購入したアプリの配布があくまでもユーザー単位であることは変わらなかったので、引き換えコードを使用した配布形式もあったものの、その際もアプリを受理する時には結局は個別のappleIDが必要なのでした。
しかしiOS9になってからは、複数ライセンス購入したアプリをデバイス単位で配布できるようになったため、個別のappleIDが必要なくなり、割り当てられたアプリケーションはそのままデバイス端末を使用する全員が使用できるようになったのです。
実際にVPPの登録からデバイス端末へアプリを配布するまでの手順は非常に簡単です。

15 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
Apple DEPの便利な機能
admin tarafından 28 4月 2018, 00:00

Apple DEPはiPhoneやiPadなどのモバイルデバイス端末導入には欠かせないシステムツールになります。Apple DEPを使うことでモバイルデバイス端末側の設定をしなくても使用できるようになるので、スマホやタブレットの大量導入の初期設定が非常に楽になります。
ただモバイルデバイス端末を導入するにあたり、Apple DEPの契約を事前に行わなければなりません。また管理者がmdmとDEPの繋ぎこみを設定するなどの管理者側の操作も増えるのでその点は注意しなければなりません。
大型運用にはApple DEPは欠かせないほど普及している現状があります。Apple DEPを利用した企業では、購入したiOS端末のシリアル番号をDEPサービスに登録します。後は購入したiOS端末を何も設定せずに従業員に配布するだけでよいのです。
企業が購入したiOS端末は全て強制的にmdmの管理下に入るため、キッティング作用のために費やしている時間、負荷、コストを削減することにつながります。Apple Device Enrollment Programについて

28 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
BYODはメリットと課題を考えて導入をしよう
admin tarafından 16 4月 2018, 00:00

Byodは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で利用することです。このbyodは仕事環境のリモート化による業務効率化や端末支給コストの削減、端末の物理的分散による災害時の被害軽減など様々なメリットがある反面、課題も浮き彫りになっています。
課題はいくつかありますが、その1つが、情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクです。情報漏えいや情報改ざんなどを防止するためにはセキュリティ体制を整えなければなりません。このセキュリティ対策を整えるにはコストがかかります。セキュリティ対策を整えても情報漏えいや情報改ざんのリスクがゼロになることはなく、byodを実施すると、通常のスマートデバイス端末導入に比べてセキュリティ対策によりお金がかかると言われています。Byodは企業として得られるメリットもあるものの、その分課題やリスクがあることもしっかりと踏まえた上で導入するかどうかを考えなければなりません。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

16 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm市場が拡大する理由とは?!
admin tarafından 06 4月 2018, 00:00

国内のモバイルデバイス管理(mdm)の市場はここ10年の間に急激な成長を遂げています。
これは企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んだためであります。
企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するとなると、導入した大量のモバイルデバイス端末の一括管理を行わなければなりません。大量のモバイルデバイス端末を企業の管理者だけで管理しようとすると非常に大変ですし、きちんと管理しきれないという状況になってしまう可能性もあるのです。そんな時に活躍するのがmdmです。Mdmは企業で導入したモバイルデバイス端末の一元管理を行う管理ツールであり、様々なセキュリティ対策、資産対策を行ってくれます。
企業でのモバイルデバイス端末導入が進めば、必然的にmdm市場も拡大していくことになります。
また今後国内企業での私物のモバイルデバイス端末を業務に用いるBYODが進めば、さらにmdm市場は盛り上がっていくでしょう。MDM(Mobile Device Management)とは?

06 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap