業務用
admin tarafından 13 8月 2017, 00:00

業務用のスマホと一般用のスマホ。ここに大きな違いはない。あるとすればMDMシステムの管轄下に置かれアプリや機能の一部が制限されているという点のみで、物自体はいわゆる普通のスマホである。その一方で割と本気で「業務用」のスマホを投入するメーカーも現れた。スマホが高い性能を有し、アプリの導入によって様々な機能を付与できるのは知っての通りで、カメラと専用のアプリを用いいる事でバーコードの読み取りも可能となるが、やはり専用のレーザースキャナーを搭載したハンドスキャナーの速度、射程距離には遠く及ばず、倉庫などのホコリの多いヘビーな環境にも精密機械のスマホは不向きである。ではヘビーな環境に耐えうるタフネスを持った端末にレーザースキャナーを付けよう。となり、結果的にゴツくて重そうで丈夫そうな端末にレーザースキャナーを搭載した機種が生まれた。むしろスマホっぽいハンドスキャナーと言った方が分かりやすいか。これにより在庫管理や発注業務の後、PCに取り込んで送信という手間が端末一つで完結する・・・ようにはなったが、局所的使用を想定した汎用デバイスというのも妙な話である。MDM

13 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap
検討条件
admin tarafından 04 8月 2017, 00:00

MDMと言えば業務用スマホの一元管理というイメージも強いが、MDの部分には「タブレット」も含まれる。また旧式の携帯電話なども立派なバイルデバイスであると言える。業務、職種によって最適なデバイスは異なるし、環境によってはキャリア通信が必要なケースと社内のWi-Fiのみで良いケースもある。また使用エリアも社内、国内、海外とシーンによって最適なサービスが異なる。またスマホやタブレットの「移り変わり」はまさに日進月歩、常に最新機種を導入する必要はないが、そうそう長期に渡って使い続けるのも難しい。特にバッテリー周りの寿命と生産終了という流れは「端末の寿命」と言えなくもない。もちろん屋内使用に限ればコンセントから直接電源を取れるという意味では別の使い道も無い訳ではないが、常に何らかの形で「更新」という作業は付きまとう事になる。気がつけば社内で使っている端末の機種もバージョンもキャリアも異なるなんて事も起こりうる。そのような雑多な状況に対応できるMDMサービスかどうかという点も、可能なら初期の段階から視野に入れて検討を進めたいものだ。

04 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap

1人で2台も3台も携帯を持つと所持や操作を面倒に感じてしまう人は多いでしょう。そこで近年では企業側から支給されるスマホと個人が持つスマホを一緒にしてしまうケースが増えているのです。ここでは個人と法人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一緒にしてしまう場合の、企業側のニーズと従業員側のニーズについて考えていきましょう。
まず企業側のニーズとしては、端末配布のコストや通信費を節約、削減したいという狙いがあります。個人と法人のスマホを1台にすることで、月額の契約基本料、端末購入費用、データ通信料は費用削減することができるでしょう。
さらに社内システムに安全にアクセスさせたいというニーズに関してVPNのオプションを利用することによってスマートフォンやタブレット端末をVPNクライアントとして利用することができます。
一方従業員側ニーズとしては業務使用の通話料金と私用の通話料金はしっかりと区別しておきたいという問題があります。
このニーズに関しては社内アドレス帳配布、とモバイルチョイスというmdm管理を組みあわせることによって公私分計が可能になるのです。
mdmとはなにかのまとめ

26 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
結局どこなのさ?
admin tarafından 17 7月 2017, 00:00

MDMサービスを提供する会社は国内だけでもかなりの数が存在し、海外企業も含めると両手の指では数え切れない。そしてどこもかしこも「4年連続シェアNo1」「3年連続シェアNo1」「実績No1」「顧客満足度No1」と自社製品の最強をプッシュしてくる。それにあわせて誰もがその名をしるような「超大手」の企業で採用されているという「実例」も合わせて紹介している。選ぶ側とすれば非常に困惑する状況だ。少々手間はかかるが、サービス内容や価格といった部分を一軒一軒精査する必要があるだろう。大規模な運営に特化した物から1台からでも運用可能な物、サポート体制や付加サービスなど、正直「最低限必要なサービス」はどのMDMサービスでも問題なく提供されており、差別化を図るのは「それ以外」の部分となる。その付加価値が本当に必要な物なのかどうかをしっかりと吟味する事が、コストパフォーマンスという意味でもベストなサービスを導き出す手助けとなるだろう。近年では携帯キャリアのように複数のプランを提示している所もあり、後々の規模拡大にも柔軟に対応できる物も多い。国内のMDM を紹介

17 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmを使うことで何が変わる?
admin tarafından 07 7月 2017, 00:00

アイフォンやアンドロイド端末、アイパッドなどのタブレットなどの企業への普及は本格化を見せていますが、企業がこれらの端末を使うにあたって必ず必要になると言われるのが「mdm」です。ここではmdmを使うことで何が変わるのか?何ができるようになるのか考えてみましょう。
Mdmを用いることによって、遠隔操作で複数の端末を一度に管理することができるようになるという点です。Mdmに搭載される機能は非常に様々ですが、企業が利用する時に紛失や盗難時の情報漏洩を予防でき、不正利用の防止にもつながります。
情報漏洩対策としてはmdmを用いることにとってパスワードロックの強制化とリモートロック機能で第三者によってタブレットやスマホ端末が操作されるのを防いでくれます。スマホやタブレットなどでもパスワードをかけることによってロックすることはできますが、このパスワードロックの場合は端末自体に備えられている基本的機能になるのでこれを実際に使用するユーザーに徹底させることが必要になってきます。
そこでmdmでは管理者がmdmの管理画面から遠隔操作をすることでロック機能を強制適用することもできます。
mdm基本情報

07 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
顧客の為のmdm
admin tarafından 28 6月 2017, 00:00

個人情報の流出、一度起これば規模の大小に関わらずマスコミが飛びつく重大ニュースと成りうる案件だ。「ウチはちゃんとしている」と思っていても、それは決して余所事ではない。ニュースを聞いた一般の顧客はどう思うか?個人情報の流出に関して自分と直接関係あるか否か、関係ないと知っても手放しには喜べない。ウチは大丈夫なのか?明日は我が身か?と、同種の業界全体に対する不信感を抱く事も避けられない。mdmにおけるセキュリティー面の強化という話題はまだまだ「業務用」という域を出ない物だが、存在が周知されるにつれ、良質なmdmサービスを利用している事が、そのまま顧客を安心させる材料と成りうる日も遠くはないだろう。ホームページ上などでも個人情報やクレジットカードを扱うページでは高度な暗号化通信を用いています。と、安全面のアピールを行うのは当然の責務であるが、今後は信頼に足るmdmサービスの利用や徹底した社員教育によって個人情報をガッチリ守っているというアピールも必要になるだろう。モバイルデバイスマネジメント

28 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
Mdmのオプション機能っているの?
admin tarafından 18 6月 2017, 00:00

みなさまこんにちは。Mdmのオプション機能って使ってます。金がかかるだけでいらないよーな気がしますよね。
ということで、オプションを選ぶ理由、選ばない理由をお話しします。
さて、オプションは基本的にアプリ配信だったり、ドキュメント配信だったり、メッセージプッシュですよね。
使ってますかね?使っててないですよね。。。。
そうなんです。つかはないんですよ。いらない機能は解除しましょ!
私なんかは、アプリの配信機能を追加してあるんですけど、結局使わないです。アプリの配信をしたい人ってアプリを開発してる会社くらいなものです。普通は上司から言われてアプリを勝手に入れますよね!ドキュメントなんかかもそうで、結局メールでドキュメント配信できてしまうので、そんなに使うことはないです。要は、コンビニ行って目的のもの以外も欲しくなっちゃうのと一緒です。買ったら買ったで使わなくなりますよ。自分が使う機能を考えてそれのみ選びましょう!
mdmとは

18 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
顧客満足度の向上と言っていますが
admin tarafından 08 6月 2017, 00:00

CRMの世界でももっとも先を行くCRMの考え方は、顧客と自社のWin-Winの関係を生み出せるものなんだそうです。CRMが顧客の管理において大きなサポートをしてくれることも知っていますし、次なる営業にも良い影響を与えることも知っています。でも、そこには商品やサービスを提供している会社のお仕着せの営業があるんですよね。私がいつも引っ掛かっていたのは、このお仕着せなんです。

売る側としては、お仕着せしてでもそれは顧客のため、顧客のためになる情報だからと言っていればメールをしょっちゅう送ったり、DMを郵送したり電話をかけたりしても許される・・的な^^実際にそれを顧客が迷惑と思っていないのか、この現実をちゃんと理解しておく必要があるのでは?と思っていたんです。

でも、最新のCRMの考え方はやっとこの部分をクリアしてきているようです。顧客のニーズをちゃんと認識すること、そして顧客優先の考えかたができること。これによってWin-Winの関係が出来上がるのだと思います。

08 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
どんな要素で選ぶ?
admin tarafından 26 5月 2017, 00:00

SFAを導入したい!と思ったら、どのような要素をポイントにして選んでいくのが良いのでしょうか。

まずはコストですよね。無理しなくても導入できるもの。大企業では数千万円単位のSFAを導入、とか言われていますが、このようなコストを用意できる会社なんてそんなに無いですよね。しかもSFAって導入に失敗!という会社も多いのでこれを見越しておく必要もあります。

次に機能。目新しく高性能なものを取りそろえたくなるものですが、まずは使えると確信できたものだけを導入するべきです。難しいものは後回しにして、簡単な機能から慣れようという気持ちの方がうまく引用へとつなげられそうです。

そして最後に担当者が使いこなせるシステムであるかということ。使い慣れた頃には新しい機能の追加や、作業画面のカスタマイズなどある程度の専門知識が要るため、今居る担当者が使いこなせるのか、もしかしたらこの要素が最も重要なポイントとなるかもしれませんね。

Sales Force Automation (SFA)とは

26 5月 2017, 00:00 - Yorum Yap
管理者にもそれなりのスキルが必要
admin tarafından 18 5月 2017, 00:00

SFAで営業日報を管理している管理者。SFAを使っているから大丈夫!といった、ツールの導入だけで満足している管理者も多いんですね。

SFAの営業日報では最初から項目を決め、営業マンはそれにしたがって入力をしていけば良いわけですから、営業マンの日報記録という点では、業務の効率化が実現しています。しかし、これを管理する人は彼ら営業マンよりも上のスキルを身に着けておかないと、せっかく営業マンたちが入力したものをフィードバックしたり分析したりできないわけなんですね。

ということは、SFAの導入前からSFAに対しての知識や経験を積んでおかないことには、十分な成果を上げられないということになります。管理者にもそれなりのスキルが必要なんですね。

ある会社では導入の前から講座やセミナーを開いてそこで勉強会を設けたり、導入後にもフォローアップの研修などを行っているところもあります。営業マンだけではなくて管理者クラスもSFAの機能を存分に使えるよう、スキルを磨いておきましょう。

18 5月 2017, 00:00 - Yorum Yap