ステップメールは有効?
admin tarafından 16 11月 2016, 00:00

ステップメールって知っていますか?あるネットの辞書には、「あらかじめ用意された内容の異なるMailをスケジュールに従って発送・配信するマーケティング手法」と訳されていました。

私がこのようなステップメールを受け取ったことがあるのか・・、もしかしたらあるような気もしますね^^でもそれほど自然に送られてきていたのかもしれません。

CRMなどを使って営業を行っている会社では、このステップメールを効果的に利用しているんだそうです。CRMの機能には顧客情報分析というものがあり、そこから得られたデータを基に、客が欲しいと思っている商品やサービスを、最も良いと思われるタイミングで情報を送ることが可能となります。

そこで、3回ほどに分けたステップメールで徐々にその情報を送るわけです。焦らすような感じ?でもないか^^少しずつ情報を詳しくし、最後にいつ、どこで販売されるのかを、あるいは販売開始で~す!と言ったことを送ってくるんでしょうか。

あ!こんなメール、来てましたよ!!もちろん、しっかりとその罠に引っかかってました私^^

sfa とは

16 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
スマートフォンを仕事に生かそう
admin tarafından 06 11月 2016, 00:00

スマートフォンを持つようになったけれど、やっていることは携帯電話の時と変わらない…そんなビジネスマンの声をチラホラ聞きます。確かにメールや電話程度なら携帯電話でも出来ますよね(しかもバッテリーも持つし)。しかしスマートフォンを使いこなし、仕事に生かすことができれば、業務を効率的にこなすことが出来てしまうんですよ。例えばGoogle社が提供しているスケジュール管理サービス『Googleカレンダー』アプリ。自分の予定をインターネット上でいつでもどこでも管理でき、先の予定を把握しやすいんですよ。これと合わせてタスク管理も行えば、漏れなく業務が遂行できるというわけです。この他にもビジネスマンに人気があるwebサービスとして『Evernote』が有名です。普通のメモ帳と違い、写真やファイルデータ、位置情報など様々なデータを残しておくことができるんですよ。突然思い付いたアイデアや会議で書かれたホワイトボートなどをEvernoteに保管しておけば、いつでも後から見直すことができますね。「スマートフォンって何が便利なの?」と思っている方にこそ使って欲しいと思います。

06 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
意外にも?コストは削減していきます
admin tarafından 03 11月 2016, 00:00

SFAといったシステムを導入する際には相当な金額がかかってしまうと言われていますよね。なので、導入を検討する際には、まずコスト、そして機能といった風に順番もポイントに挙げられているものです。

しかし、Microsoftのサイトの中にあったコラムには、SFAの導入によって「コストの削減効果にも注目!」と書かれたものがあったんです。どういうことなのでしょうか?

まず紙の節約が書かれていました。「情報共有に利用していた紙の文書を廃止」。なるほど。大企業になればなるほど、紙の廃止はコスト削減に大きく貢献しますよね。次に会議の減少。見える化によって営業報告の場が少なく設定できるので、「支店や支社の打ち合わせに要していた移動費や時間を大きく節約」できるんです。これも納得ですよね。

最初に大きな買い物をしてコストをたくさんかけたとしても、それを取り戻せる位のコスト削減がSFAの導入では可能になると言うことなんですね。

KnowledgeSuite

03 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
SFAの具体的なメリットとは?
admin tarafından 19 10月 2016, 00:00

SFA(営業支援システム)とは、組織の営業活動を支援したり効率化を図るシステムのことです。個人で積み重ねてきた営業のノウハウや勘といった不確かなことを科学的&自動的に行おうということで生まれました。SFAは近年急速に普及しつつありますが、具体的なことが分かりづらいこともあり導入する理由がまだ分からないという経営者も多いのではないでしょうか?具体的なメリットとして「営業活動の記録から細かな商談のプロセスなどのデータが蓄積され、チャートやグラフと言ったさまざまな形で表示可能なため、スムーズに営業プロセスを見える化できる点」「スマートフォンやタブレットなどのデバイスに対応しているのでいつでもどこでも営業の情報入力ができ、営業マンの工数を省略できる点」「訪問記録・提案内容などの詳細な顧客情報や過去の成功事例などの情報を蓄積できるから、営業活動を資産化できる点」「日々新鮮な情報が蓄積されるからスピード感のある経営を可能にでき、営業戦略策定の手助けにもなる点」などが挙げられます。これらメリットを見ると、情報の蓄積がキーポイントとなるのが分かるでしょう。だからこそSFA導入は、早ければ早い方が良いのです。CRMとは

19 10月 2016, 00:00 - Yorum Yap
営業マンが悪い訳ではありません
admin tarafından 16 10月 2016, 00:00

日本の会社において、営業部門が強い力を持つ会社が多いという話し、聞いたことありませんか?機動部隊と言ったところなのでしょうか、自分たちが仕事を取ってきているんだ!というプライドがあるのでしょう。

そんな営業マンたちのために会社が用意したSFA。これを利用することで、さらに営業が効率的に行える!営業成績の悪かった社員も、これで成績が上がるはず!と管理者たちは期待していたのに、蓋を開けてみると営業マンたちは面倒くさがって使わない・・という状況になっている会社がけっこうあるんだそうです。

確かに新システムの導入は社員に負担をかけることにはなります。システムに慣れるまで、効率も悪くなりますし、それなりの勉強も必要になります。しかし、営業マンたちがSFAを嫌がるのはこのような理由の他に自分の営業ノウハウ、知識を他の社員に知られたくない、日報を細かく記入する時間が無いという点が大きいんですね。

SFA導入の失敗理由に営業マンの責任を挙げるところもありますが、管理者や上司の考え方に問題がある場合もある、ということですね。

16 10月 2016, 00:00 - Yorum Yap
やっぱりタブレットは営業マンの強い味方
admin tarafından 14 9月 2016, 00:00

テレビのコマーシャルでもタブレットを使った営業が顧客の目を惹いている・・というものがありましたよね。

紙の資料を見ながらの説明でも解らないことはないと思いますが、タブレットを利用することで紙にはできない「動き」が生まれました。

そう、スマホと同様に指で操作するだけで、文字や画像に動きを与えることが可能となり、より顧客にわかりやすい説明、プレゼンができるようになったんですね。

また、紙の資料だと移動の際に嵩張ってしまいますが、タブレットに入れておくことで荷物にもならず、いつでもどこでも取りだすことが可能。さらに修正もすぐに行うことができますよね。営業先の方から見ても、欲しい商品を違った角度から見たり拡大してみたり、修正して欲しい点もすぐに直してもらえたりと、メリットばかりですからね。

営業活動や営業日報にタブレットを導入している会社も増えてきていますが、それとともにより営業先への営業効果を上げるツールとして利用されているようですよ。

14 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
やっぱりタブレットは営業マンの強い味方
admin tarafından 14 9月 2016, 00:00

テレビのコマーシャルでもタブレットを使った営業が顧客の目を惹いている・・というものがありましたよね。

紙の資料を見ながらの説明でも解らないことはないと思いますが、タブレットを利用することで紙にはできない「動き」が生まれました。

そう、スマホと同様に指で操作するだけで、文字や画像に動きを与えることが可能となり、より顧客にわかりやすい説明、プレゼンができるようになったんですね。

また、紙の資料だと移動の際に嵩張ってしまいますが、タブレットに入れておくことで荷物にもならず、いつでもどこでも取りだすことが可能。さらに修正もすぐに行うことができますよね。営業先の方から見ても、欲しい商品を違った角度から見たり拡大してみたり、修正して欲しい点もすぐに直してもらえたりと、メリットばかりですからね。

営業活動や営業日報にタブレットを導入している会社も増えてきていますが、それとともにより営業先への営業効果を上げるツールとして利用されているようですよ。

14 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
良いことずくしのSFA
admin tarafından 09 9月 2016, 00:00

これだけのことが並ぶと、うちの会社でも使ってみようか?と感じるのではないでしょうか?^^

社内に取り入れてすぐに運用が可能、それまでの自社のシステムを簡単に構築可能、あとから必要となりそうなパネルは費用の追加なく利用可能・・ですって。良いことずくしですよね?でも、そんなSFAがあるんだそうです。名称はJUST.SFA。導入後すぐに運用可能な機能があるそうで、これらをJUST.SFAではパネルと呼んでいるそうです。

企業ごと、あるいは部署ごとに利用したいパネルを選択。さらに追加していきたいパネルが出てもそれは費用が要らないとのことです。一般的には、初期費用のほかにこのようにあとから必要になる機能に関しては、ランニングコストのように新たに費用が必要となるのですが、JUST.SFAの場合にそれが要らないというのは大きな魅力となりますよね。

もちろん、と言って良いでしょうか、それぞれの機能はプログラミングの知識なく作ることができるので、どんどん追加していけそうですね^^

09 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
良いことずくしのSFA
admin tarafından 09 9月 2016, 00:00

これだけのことが並ぶと、うちの会社でも使ってみようか?と感じるのではないでしょうか?^^

社内に取り入れてすぐに運用が可能、それまでの自社のシステムを簡単に構築可能、あとから必要となりそうなパネルは費用の追加なく利用可能・・ですって。良いことずくしですよね?でも、そんなSFAがあるんだそうです。名称はJUST.SFA。導入後すぐに運用可能な機能があるそうで、これらをJUST.SFAではパネルと呼んでいるそうです。

企業ごと、あるいは部署ごとに利用したいパネルを選択。さらに追加していきたいパネルが出てもそれは費用が要らないとのことです。一般的には、初期費用のほかにこのようにあとから必要になる機能に関しては、ランニングコストのように新たに費用が必要となるのですが、JUST.SFAの場合にそれが要らないというのは大きな魅力となりますよね。

もちろん、と言って良いでしょうか、それぞれの機能はプログラミングの知識なく作ることができるので、どんどん追加していけそうですね^^

09 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
2週間のお試し期間を有効活用
admin tarafından 04 9月 2016, 00:00

株式会社アイアットOECが提供している営業支援システムのWaWaD-Be。「顧客情報、商談情報、商品情報、販促ツール、クレーム情報など自由にフォームを作成し共有できます」と紹介されています。

こちらの会社のシステムって、エクセルをずっと使っていきたい企業にとっては便利なのではないでしょうかね。WEB上の共有しながら進めていくことができるようですが、アプリなども好きに作っていくことができるとのこと。多機能を売りにしているシステムをよく見かけますが、本当に必要な機能ってそんなに多くはないそうなんです。なので、自社が必要とする最小限の機能で使いやすくカスタマイズできれば、使い勝手も良いでしょうね。

また、14日間のお試し期間があるのも魅力と思いませんか?使いやすいですよ~、と言われていても実際に使ってみると思っていた使い心地と違っていたという声も聞こえます。無料でもあるので、社内への導入を考えているところは検討されるのも良いのではないでしょうか。

営業支援システム SFA

04 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap