VPPの使い方
admin tarafından 26 4月 2019, 00:00

VPPとはApple社が提供するVolume Purchase Programのことです。
モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmソリューションにおいて、Appやブックをユーザーの手元へ素早く簡単に配布することができるツールこそがVPPなのです。VPPはAppやブックを一括購入した後、mdmソリューション経由でiOS7移行またはOSX20.9以降を利用するユーザーそれぞれの端末に割り当てることが可能です。ユーザーは割り当てられたAppを所有している全てのモバイルデバイス上で利用することが可能です。もしもユーザーがAppを必要としなくなった場合には、もしくはユーザーが所属する組織を離れてしまったり、退職してしまったりした場合には同じAppを他のユーザーに再び割り当てることも可能です。
利用を始めるにはモバイルデバイス端末の管理ソリューション=mdmへ登録してもらうように、ユーザーを招待します。また登録のためにそれぞれの各ユーザーが必要なのはAppleIDとiOS7以降を搭載したモバイルデバイス端末またはOSX10.9以降を搭載したコンピューターだけになります。

26 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap

mdmソリューションを提供する会社はいくつかの種類がありますが、その中の1つが、セキュリティベンダーです。
セキュリティベンダーによるmdmソリューションはスマートフォンなどのモバイルデバイス端末が、メインで、遠隔制御や遠隔操作による管理を実現してくれます。
セキュリティベンダーとはウイルス対策ソリューションなどを提供する会社であり、ウイルス対策についてプロ中のプロ。そのためスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ強化対策には絶対に自信をもっています。
ウイルスに感染したモバイルデバイス端末のロック操作やウイルス対策エンジンのアップデート機能を発展させて、紛失・盗難対策のためのロック機能、ワイプ機能が拡張された形が一般的です。
セキュリティベンダーのmdmソリューションのターゲットは主に個人ユーザー向けになっているので、法人利用視点の管理というよりも、個人の端末単体で利用する機能が充実しています。

06 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap
企業における導入目的別mdmの機能比較
admin tarafından 26 3月 2019, 00:00

mdmを比較するポイントとして、mdmツールの機能の違いがあります。mdmと一言でいうとモバイルデバイス端末を管理するためのソリューションですが、そのmdmにはそれぞれの製品によって管理できる機能が異なります。
モバイルデバイス端末新規配布時に必要な各種設定や、モバイルデバイス端末を配布した後の設定変更を簡単に効率的にかつスピーディーに行うためには、大量のモバイルデバイス端末を一元管理する必要があります。
これらの目的を果たすためにはmdmツールに、資産管理、遠隔ポリシー設定、実行機能やアプリケーションの配信・削除などの基本的な機能が必要になります。
また企業の情報資産の漏えいを防ぎ、情報の持ち出しを未然に防ぐためには、モバイルデバイス端末の機能制限をする必要があります。この目的を果たすためにはモバイルデバイスの制御機能や遠隔ポリシー設定・実行機能、フィルタリング機能の管理などが重要になります。

26 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap

mdmを導入する時に皆さんはどの点を意識してmdm製品を選びますか?初期費用、月額費用などコスト面を意識して導入してしまう企業担当者が多いでしょう。
しかしコストパフォーマンスだけで選んでしまうと、機能面などでよくない場合もあります。企業としてどのような機能を求めているのか?を明確にしてmdmを導入していきたいです。
mdmを導入する際のポイントとして、管理担当者の操作性のしやすさも重要になります。使いやすい、管理しやすいmdmツールでなければ、管理担当者の負担が大きくなってしまいます。
操作性の優れた管理コンソールのmdmツールを選ぶようにしたいです。管理者の運用のしやすさは、mdmツールの人気に比例します。またマルチデバイス端末に対応できるマルチプラットフォームかどうか?も重要なポイントです。
iOSやandroid、Windowsなど全てのOSにおい高いセキュリティを実現できるmdmツールを導入しておけば、モバイルデバイス端末の機種変更をした時にも問題はありません。

16 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdmサービスへの登録が簡単になるApple DEP
admin tarafından 06 3月 2019, 00:00

企業や組織などでスマートフォンやタブレットなどを導入する場合、大量のモバイルデバイス端末の導入作業が必要になってきます。
企業などが、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイス端末を大量導入する際にネックとなるのがmdmサービスへの登録です。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールであり、大量のモバイルデバイス端末を一元管理するためには欠かせません。このmdmサービスを利用するにあたって、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイス端末を設定する必要があるのです。その設定を効率よく行えるのが、Apple DEPなのです。
Apple DEPはmdmサービスへのモバイルデバイス端末の登録を自動化してくれます。新しいエンドポイントプロビジョニングの先駆けとも言えるApple DEPを利用することで、企業や教育機関などの組織で、モバイルデバイス端末を登録して管理する作業が極めて楽になるのです。Apple DEPを利用すればモバイルデバイス端末の自動登録が行われ、制限をかけた状態での管理が可能になります。

06 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap

mdm事例においてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末における様々な管理、設定が可能になります。
その1つとして、リモートワイプ、リモートロック、パスコードのリセットなどがあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を紛失した時、または盗難された時に、機密性の高いデータを消去できる機能がリモートロック、リモートワイプなどです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末内にはパソコンと同じように、会社の機密情報や個人情報などたくさんの外部に流出してしまうと大変な問題となる情報が保存されています。
mdm導入事例では、遠隔操作でモバイルデバイス端末自体をロックして、第三者に情報が流出しないように防いだり、モバイルデバイス端末内の情報を全て初期化し、工場出荷時の状態に戻したりすることができます。
また会社のデータだけを初期化(ワイプ)することも可能です。

23 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdm製品の比較の重要性
admin tarafından 13 2月 2019, 00:00

mdmはスマートフォンやタブレットを大量に導入する企業や教育現場などに組織にとって欠かせない管理ツールになっています。mdmを導入することで、企業の管理者の負担は軽減でき、セキュリティ強化にもつながります。
円滑にそして安全に効率よくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する場合には、mdmは必ず導入するべきという流れになりつつあります。mdmツールはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、そのサービスを提供するベンダーは増えています。日本市場においてもたくさんのmdm製品が登場しており、それぞれの製品によって利用料金や機能、特徴などが異なります。
また管理できるデバイス端末が限られているmdmもあれば、マルチデバイスに対応しているmdmツールもあります。それぞれのmdmツールによって機能が異なるので、企業にとっても最も最適なmdm製品を選びぬいて選定する必要があります。mdmを導入すう際にはしっかりと製品比較をするようにしたいですね。

13 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdmでの基本的なリモートワイプの機能
admin tarafından 31 1月 2019, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理するツールであるmdm。モバイルデバイス端末管理ツール=mdmのモバイルデバイス端末の使用可否は大きく3つに分けることができます。
まず1つ目はモバイルデバイス端末にパスワードを設定している場合には、リモートロック機能を利用することで他ユーザーが使用できなくします。
2つ目はリモートワイプでモバイルデバイス端末の初期化を行い、デバイスを向上出荷時の状態にします。これでモバイルデバイス上の全てのデータやアプリケーションが削除されます。
3つ目はモバイルデバイス端末の一部分の機能だけを制御します。例えばパスコー度の強制設定、カメラ使用制限、Bluetoothの使用制限、画面キャプチャ制限、AppStore制限、使用禁止アプリなどです。ポリシー設定を使用してモバイルデバイス端末情報を安全に保護することができます。これらは全てmdmの基本的機能になります。

31 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdmソリューションの機能
admin tarafından 21 1月 2019, 00:00

mdmはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理する仕組み、ツールになっています。
日本国内、国外様々なメーカーからmdm製品は登場しており、たくさんのシステムが開発、提供されています。mdmを利用する価格においても、利用しているモバイルデバイス端末の数量によって違い、段階的に設定するような従量制の価格設定もあります。
そのためmdmを企業や教育機関などで導入する場合は、各社の機能を比較して最適なシステムを決定する必要があるのです。
それぞれ個別の機能としてはiOSやandroid、PCなど複数のマルチデバイス端末、OSを管理できるものも多いです。また企業の部門や課ごとのルール設定や盗難・紛失時のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の初期化、モバイルデバイス端末にデータを保存しない仕組みなどの機能を提供してくれます。

21 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
業務効率アップにつながるbyod事例
admin tarafından 11 1月 2019, 00:00

byodはbring your own deviceの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を個人が所有しているものを業務で使用することを言います。
このbyodを導入する企業や組織の事例は日本国内でも増えており、その事例は今後さらに増加すると考えられています。
それほどbyodは企業側にとっても従業員側にとってもメリットが大きいのです。
例えば従業員のユーザー視点でのbyodのメリットとして考えると、業務効率のアップがあります。
byodであれば、使いなればモバイルデバイス端末を使用して業務を行うことができるため、使用する際に使い方が分からなくなるということはまずありません。
そのため業務効率がアップしますし、従業員の満足度も高くなります。逆に会社が支給してくれたモバイルデバイス端末を使用した場合、使い慣れていないため、業務効率をすぐにアップさせることは難しいです。

11 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap