mdm導入による運用のメリット
admin tarafından 19 12月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどの各種モバイルデバイス端末の管理を行うためにはmdmの導入が欠かせません。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、このmdmを導入することで一括したモバイルデバイス端末管理が可能になります。
またmdmを導入すると、スマートフォンやタブレットなどの各種モバイルデバイス端末の管理コストを格段に下げることができます。大量のモバイルデバイス端末の運用コストを下げることができるので、企業としても大きなメリットがあります。
また大量のモバイルデバイス端末の一括設定は導入時の作業コストの削減にもつながります。その他、企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の運用開始後もレポート機能、管理者へのアラート通知、アプリケーションの配信、連絡先の追加などいくつもの充実した機能があるので、mdmを導入することでスムーズ&低コストで運用を実現できるでしょう。

19 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap
企業にとって課題も多いbyodの導入
admin tarafından 09 12月 2018, 00:00

使い勝手の良さから急速に普及が拡大しているのbyodです。byodは、私物のモバイルデバイス端末を業務でも使用することをさします。
このbyodは課題が多いというデメリットはあるものの、適切に使用、実現されればモバイルデバイス端末の会社支給と比較してもメリットの多い運用方法と言えます。特にbyodを導入するメリットとしては、企業側としてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末・通信コストを低減できるということと、従業員の業務効率を高めることができるという点があります。
ただその反面、課題やリスクが多いこともbyodの懸念材料となっています。
byodを導入した場合、セキュリティリスクの面の課題がありますし、コスト的な問題(モバイルデバイス使用料金をどうするのか?など)や、資産管理や利用設定の面でもきちんとした設定が必要になるでしょう。また企業としては認めていない場合でも勝手に私物のモバイルデバイス端末を業務で利用する隠れbyodも問題になっています。

09 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdmの導入
admin tarafından 29 11月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業にとって、mdmの導入はマストとなっています。mdmを導入して大量のモバイルデバイス端末を一括で管理することによって、管理者側の負担軽減にもつながりますし、何よりセキュリティ対策になるので、企業としての信頼を保つためにも欠かせないのです。
組織内で利用されるモバイルデバイス端末を一元的に管理して、安全にそして効率よくスマートフォンやタブレットを管理できるmdmツールは日本国内だけでもたくさんあります。数あるmdmの中から会社として企業として、目的に合致する製品を導入するのが、モバイルデバイス端末の導入の成功へと近づきます。mdmはスマートフォンやタブレットを紛失したり、盗難にあったりした時の情報漏えい柄対策、、不正利用しないための防止策になります。またセキュリティポリシーの一斉適用によるデバイス管理の効率化に役立つ機能は数多く搭載されています。

29 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
盛り上がるmdm市場
admin tarafından 19 11月 2018, 00:00

mdm市場はモバイルデバイス端末の普及に伴い活気づいています。mdmは基本的には管理主体となるmdmサーバと、管理対象となるモバイルデバイス端末からなります。
mdmサービスの提供形態はクラウド型とオンプレミス型の2つのタイプがあります。クラウド型はmdmサーバがクラウド側に構築されてこれをサービスとして提供されるタイプです。
一方オンプレミス型はmdmサーバが製品として提供され、自営で構築・運用するパターンです。クラウド型のmdmは初期費用を安く抑えられるというめりttおがあり、管理上の運用負荷も少ないので、mdmを導入のハードルは低くなるでしょう。
オンプレミス型はユーザーの企業の独自のセキュリティポリシーに応じて運用管理を変えることができます。mdmベンダーによってクラウド型とオンプレミス型の療法の提供形態をサポートしている場合もあれば、どちらか一方の提供形態のみの場合のmdmもあります。

19 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
byodのメリットと課題
admin tarafından 09 11月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入に新たな潮流を起こさせるのがbyodです。
bvodはbring your own deviceの略であり、このbyod導入によって企業や従業員はより効率的にモバイルデバイス端末を使った業務を行うことがでいます。
byodは個人が所有するモバイルデバイス端末機器を業務用としても利用することです。つまり自分の私用のスマホやタブレットを業務でも活用するので、従業員は使い慣れたモバイルデバイス端末で仕事をすることができますし、2台持ちする必要もありません。
課題としては、セキュリティ面です。byodを導入する場合、モバイルデバイス端末に使用制限をかけることも難しいので、就業中に無駄な操作をしてしまう可能性もあります。またセキュリティ面においても、私用のモバイルデバイス端末に業務情報が保存された状態になるのでセキュリティ面をしっかりと強化しなければ危険性は高まります。

09 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
byod事例で注意しておきたいこととは?
admin tarafından 29 9月 2018, 00:00

企業がスマートフォンやタブレット端末を業務で活用する事例は急激に増えています。
企業が従業員1人1人にモバイルデバイス端末を支給して業務で活用する事例もあれば、byodと言って従業員個人が所有するモバイルデバイス端末を業務でも使用する方法が取られている場合もあります。
byod導入事例においてはいくつかの課題があるのでその点を明確にしておく必要があります。
その1つがライセンス管理の問題です。byod導入事例では、個人が購入したソフトウェアを使って、業務のデータ編集、加工などを行います。
万が一従業員が個人所有のデバイス端末内に存在する違法コピーされているソフトウェアを使ってしまうとコンプライアンス違反に該当してしまう…ということもあるのです。そのため従業員が業務で使うモバイルデバイス端末は私物か会社支給かに関わらず、企業として全てモバイルデバイス管理ツールなどで管理する必要があるのです。

29 9月 2018, 00:00 - Yorum Yap
学校でのmdmの活用
admin tarafından 19 9月 2018, 00:00

学校などの教育機関でmdmが注目されるのはどうしてなのでしょうか?
現在多くの学校では、タブレットなどのモバイルデバイス端末を導入して、そのタブレットを授業でも活用しています。この際1人に1台のタブレット端末を導入するとなると、学校全体では莫大な数のモバイルデバイス端末を導入しなければなりません。この大量に導入したモバイルデバイス端末の管理を管理者だけで行うのは不可能ですので、mdmソリューションを用いて管理するのが一般的です。
mdmはパソコンに近い機能を持ったタブレットやスマホを情報セキュリティの観点から、管理、運用するためのソフトウェアになります。
企業での利用が中心となっていましたが、近年では教育機関でのmdmも注目されています。
mdmを活用することでセキュリティ面とともに教員などの管理者の業務効率化が高まります。煩雑なタブレット端末管理の負担を軽減できるmdmは魅力的なツールと言えるでしょう。

19 9月 2018, 00:00 - Yorum Yap

スマートフォンやタブレットは私達の現代の生活の置いて欠かせない存在になっています。そのスマートフォンや業務でも使用しようという企業の動きは増えており、現在では多くの企業でスマートフォンやタブレットの導入が進められています。大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を円滑に効率よく管理する必要があります。
そこで活躍するのがmdmソリューションです。mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、このmdmを導入してモバイルデバイス端末を管理すればセキュリティ対策、資産管理、利用制限などあらゆる機能を利用することができます。
特にmdmの機能の中でも最も重視したい点と言えば、セキュリティ対策です。モバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、外出先でも業務を行うことができるという点が利点です。しかしその携帯性に優れている点が、紛失や盗難のリスクを高めてしまいます。
紛失や盗難のリスクを最小限におさえるため、mdmを用いてのスマートフォンのセキュリティ対策が必要不可欠なのです。mdmでは遠隔操作によるリモートロックや、リモートワイプ機能があります。

08 9月 2018, 00:00 - Yorum Yap
App VPPとは?!
admin tarafından 29 8月 2018, 00:00

VPPという言葉を聞いたことがありますか?VPPとは法人、教育機関向けのアプリケーションの配信プログラムのことをいいます。
VPPとはvolume Purchase Programのことであり、iOS端末を販売するapple社が提供するビジネス向けのプログラムです。
法人、教育機関ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時には、アプリケーションを購入、配布します。その際に利用できるのがVPPなのです。
VPPは業務で必要なアプリケーションを利用する機会が増えたことで、アプリの導入をより効率的に行うために提供されたプログラムであり、mdmと同じように欠かせないツールとなっています。VPPではApp Storeのアプリケーションを一括購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで、企業や学校のユーザーが業務で利用するアプリを簡単に利用できるようにしているのです。

29 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
android、iPhoneに対応可能なMDM
admin tarafından 18 8月 2018, 00:00

企業でスマートフォンを導入した際に、全てが同じ機種、同じデバイスとは限りません。iPhoneを導入した場合もあれば、androidを導入する可能性もあるでしょう。違うデバイス端末の場合、企業の管理者が一括して管理するのが大変なのでは…?とイメージしがちです。しかし実際には、モバイルデバイス端末を管理するmdmソリューションは
androidもiPhoneもどちらのデバイス端末にも対応しているので、同じ管理が可能になっています。
ただmdmの製品によってはマルチデバイスに対応していない場合もあります。そのmdm製品がどの端末に対応しているのか?機種やOSは最新のものまで対応しているのか?などはチェックしておきたいポイントです。特に個人の所有するモバイルデバイス端末を業務で使用するBYODの場合は、デバイスが異なる場合があるのでandroidでもiPhoneでも管理対象になっているMDMなのかは確認しておきたいです。

18 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap