学校でのmdmの活用
admin tarafından 19 9月 2018, 00:00

学校などの教育機関でmdmが注目されるのはどうしてなのでしょうか?
現在多くの学校では、タブレットなどのモバイルデバイス端末を導入して、そのタブレットを授業でも活用しています。この際1人に1台のタブレット端末を導入するとなると、学校全体では莫大な数のモバイルデバイス端末を導入しなければなりません。この大量に導入したモバイルデバイス端末の管理を管理者だけで行うのは不可能ですので、mdmソリューションを用いて管理するのが一般的です。
mdmはパソコンに近い機能を持ったタブレットやスマホを情報セキュリティの観点から、管理、運用するためのソフトウェアになります。
企業での利用が中心となっていましたが、近年では教育機関でのmdmも注目されています。
mdmを活用することでセキュリティ面とともに教員などの管理者の業務効率化が高まります。煩雑なタブレット端末管理の負担を軽減できるmdmは魅力的なツールと言えるでしょう。

19 9月 2018, 00:00 - Yorum Yap

スマートフォンやタブレットは私達の現代の生活の置いて欠かせない存在になっています。そのスマートフォンや業務でも使用しようという企業の動きは増えており、現在では多くの企業でスマートフォンやタブレットの導入が進められています。大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を円滑に効率よく管理する必要があります。
そこで活躍するのがmdmソリューションです。mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、このmdmを導入してモバイルデバイス端末を管理すればセキュリティ対策、資産管理、利用制限などあらゆる機能を利用することができます。
特にmdmの機能の中でも最も重視したい点と言えば、セキュリティ対策です。モバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、外出先でも業務を行うことができるという点が利点です。しかしその携帯性に優れている点が、紛失や盗難のリスクを高めてしまいます。
紛失や盗難のリスクを最小限におさえるため、mdmを用いてのスマートフォンのセキュリティ対策が必要不可欠なのです。mdmでは遠隔操作によるリモートロックや、リモートワイプ機能があります。

08 9月 2018, 00:00 - Yorum Yap
App VPPとは?!
admin tarafından 29 8月 2018, 00:00

VPPという言葉を聞いたことがありますか?VPPとは法人、教育機関向けのアプリケーションの配信プログラムのことをいいます。
VPPとはvolume Purchase Programのことであり、iOS端末を販売するapple社が提供するビジネス向けのプログラムです。
法人、教育機関ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時には、アプリケーションを購入、配布します。その際に利用できるのがVPPなのです。
VPPは業務で必要なアプリケーションを利用する機会が増えたことで、アプリの導入をより効率的に行うために提供されたプログラムであり、mdmと同じように欠かせないツールとなっています。VPPではApp Storeのアプリケーションを一括購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで、企業や学校のユーザーが業務で利用するアプリを簡単に利用できるようにしているのです。

29 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
android、iPhoneに対応可能なMDM
admin tarafından 18 8月 2018, 00:00

企業でスマートフォンを導入した際に、全てが同じ機種、同じデバイスとは限りません。iPhoneを導入した場合もあれば、androidを導入する可能性もあるでしょう。違うデバイス端末の場合、企業の管理者が一括して管理するのが大変なのでは…?とイメージしがちです。しかし実際には、モバイルデバイス端末を管理するmdmソリューションは
androidもiPhoneもどちらのデバイス端末にも対応しているので、同じ管理が可能になっています。
ただmdmの製品によってはマルチデバイスに対応していない場合もあります。そのmdm製品がどの端末に対応しているのか?機種やOSは最新のものまで対応しているのか?などはチェックしておきたいポイントです。特に個人の所有するモバイルデバイス端末を業務で使用するBYODの場合は、デバイスが異なる場合があるのでandroidでもiPhoneでも管理対象になっているMDMなのかは確認しておきたいです。

18 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap

個人がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を持ち歩いて、モバイルワークやテレワークを実施する流れは急激に加速しています。その際に利便性を損なわずに、モバイルデバイス端末からの情報漏えいを未然に防ぐ対策としてmdm(モバイルデバイス管理)やmam(モバイルアプリケーション管理)は欠かせません。
モバイルデバイス端末を業務に使用する際には、mdm(モバイルデバイス管理)ではなく業務に関係するアプリケーションやデータのみを適切に管理するmam(モバイルアプリケーション管理)機能も備えている端末管理ツールを利用した方が、セキュリティ面や使用制限などを考えると安心でしょう。モバイルデバイス端末をいかに業務で効率よく利用するかは、モバイル端末管理のソリューションによって左右されると言っても過言ではありません。
mam管理においては、既存のウェブアプリケーションやクラウドサービス、仮想デスクトップなどユーザーに利用させるアプリケーション配信から管理までを一元的に運用できるようになります。

08 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap

byodとは会社で私用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を私物のモバイルデバイス端末を利用することです。このbyodを導入する際には、セキュリティ対策やコスト面などをしっかりと考えて導入しなければなりません。円滑にbyodを導入するためには、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をmdmソリューションで一括管理する必要があるでしょう。
またmdmソリューションの導入とともに、byodに関する規約を定めておくべきです。例えば社員にとってはbyod導入ではコスト面がデメリットになることがあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末には送受信できるデータに上限があり、それを超えてしまうと追加料金が発生してしまいます。
また使用頻度が高くなればなるほどパソコンやスマートフォン、タブレットなどの劣化もはやまってしまうでしょう。特にモバイルデバイス端末のバッテリーの消耗は強く影響を受けてしまいます。この私物のモバイルデバイス端末にかかる使用料などのコストは、社会通念上byod手当という形で会社が補助をすることが必要と言えるでしょう。

27 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
リモートワイプの注意点とは?
admin tarafından 17 7月 2018, 00:00

リモートワイプはmdmの基本的機能であり、企業などで大量のモバイルデバイス端末を導入した時には欠かせません。しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の電源が入っていない場合にはリモートワイプを実行させることがができません。またモバイルデバイス端末が通信圏外になっている場合もコマンドを受信できなくなります。地下など電波が悪いところで紛失してしまったり、機内モードに設定していたりする場合は、リモートワイプをしても意味がなくなってしまうのです。
また電車や駅構内でスマートフォンやタブレットを置き忘れてしまうと、貴重品として金庫などに保管されるため、通信圏外になることが多いです。
そしてもう1つリモートワイプをする上で注意しておきたいのが、リモートワイプでは全てのデータを消すことができるわけではないということでs。
スマートデバイス保存用メモリー領域には、システム領域、ユーザー領域、外部保存領域があります。この中でもリモートワイプで削除できるのは、システム領域のみになってしまいます。
アプリに保存されているデータやSDカード内のデータは消去できないので注意が必要です。

17 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm市場拡大に伴うmdmの必要性
admin tarafından 06 7月 2018, 00:00

企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入される事例はここ最近急増しています。教育現場においても1人1台タブレットを支給するという時代がそう遠くないところまで来ています。
このモバイルデバイス端末の普及に伴い、モバイルデバイス端末の管理ツールであるmdmの市場も拡大しています。
mdmはモバイルデバイス端末を安全にそして効率的に一元管理するためには欠かせない管理ツールになりますので、多くの企業ではモバイルデバイス端末を導入するタイミングでmdmも導入しています。
mdmでモバイルデバイス端末を一元管理することでモバイルデバイス端末の運用効率は格段にアップします。
例えばモバイルデバイスやアプリの機能制御やパスコードの強制設定など様々なITポリシーの反映や多種多様なアプリの配信、管理をリモート操作で行うことができます。
さらに管理者権限の委譲を行うこともできるので、適切な役割分担のもとで目的に沿った運用を効率的に実現可能なのです。

06 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap

Apple DEPはapple社が行うモバイルデバイス端末を導入した時に必要な初期設定を行ってくれるサービスになります。
Apple DEPに登録をするとセキュリティ管理機能が向上します。自動インストールしたモバイルデバイス管理(mdm)構成プロファイルは、利用者では削除することができません。そのため管理者による管理が必要になります。リモート操作で監視モードを設定することで、モバイルデバイス端末の利用者によるアプリケーションの削除、airdropによるモバイルデバイス端末間のデータ共有などを制限して、モバイルデバイス端末内にある個人情報や機密データなどの情報漏えいを未然に防ぐことができます。
Apple DEPは法人企業や教育機関向けのサービスであり、2014年11月より日本国内での提供を開始したサービスになります。
Apple DEPに対応したmdmサービスを利用することで、mdmサービスに個別のモバイルデバイス端末を登録するための作業が一切必要なくなります。
iPhoneやiPadの法人利用に置いて、モバイルデバイス端末導入・運用コストを削減することが可能です。

25 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap

androidやiPhone、Windowsphoneなどスマートフォンは私達の生活において欠かせない存在になっています。現在では、多種多様なモバイルデバイス端末が私生活だけではなく、ビジネスにおいても利用されるようになっています。1人に1台パソコンの支給がされるだけではなく、スマートフォンや、タブレットなど複数のモバイルデバイス端末機器を利用する人も少なくありません。
業務用にスマートフォン、タブレット、ノートパソコンの3台以上のモバイルデバイス端末機器を企業から貸与されるケースもあるでしょう。
パソコンやサーバーに関しては、既存の資産管理ツールを用いて管理している企業が多くあります。
しかしandroidのスマートフォンやタブレットなどは、セキュリティ対策がそれだけでは弱く、明確な管理方法が確立されていないという企業が実は多いです。
このようなモバイルデバイス端末に関してパソコン並みとはいかないまでも、携帯電話に比べると高機能でありながら、セキュリティ面、仕様面で十分に管理されていない部分があるため、きちんとした端末管理が必要になります。

15 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap