やっぱりタブレットは営業マンの強い味方
admin tarafından 14 9月 2016, 00:00

テレビのコマーシャルでもタブレットを使った営業が顧客の目を惹いている・・というものがありましたよね。

紙の資料を見ながらの説明でも解らないことはないと思いますが、タブレットを利用することで紙にはできない「動き」が生まれました。

そう、スマホと同様に指で操作するだけで、文字や画像に動きを与えることが可能となり、より顧客にわかりやすい説明、プレゼンができるようになったんですね。

また、紙の資料だと移動の際に嵩張ってしまいますが、タブレットに入れておくことで荷物にもならず、いつでもどこでも取りだすことが可能。さらに修正もすぐに行うことができますよね。営業先の方から見ても、欲しい商品を違った角度から見たり拡大してみたり、修正して欲しい点もすぐに直してもらえたりと、メリットばかりですからね。

営業活動や営業日報にタブレットを導入している会社も増えてきていますが、それとともにより営業先への営業効果を上げるツールとして利用されているようですよ。

14 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
やっぱりタブレットは営業マンの強い味方
admin tarafından 14 9月 2016, 00:00

テレビのコマーシャルでもタブレットを使った営業が顧客の目を惹いている・・というものがありましたよね。

紙の資料を見ながらの説明でも解らないことはないと思いますが、タブレットを利用することで紙にはできない「動き」が生まれました。

そう、スマホと同様に指で操作するだけで、文字や画像に動きを与えることが可能となり、より顧客にわかりやすい説明、プレゼンができるようになったんですね。

また、紙の資料だと移動の際に嵩張ってしまいますが、タブレットに入れておくことで荷物にもならず、いつでもどこでも取りだすことが可能。さらに修正もすぐに行うことができますよね。営業先の方から見ても、欲しい商品を違った角度から見たり拡大してみたり、修正して欲しい点もすぐに直してもらえたりと、メリットばかりですからね。

営業活動や営業日報にタブレットを導入している会社も増えてきていますが、それとともにより営業先への営業効果を上げるツールとして利用されているようですよ。

14 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
良いことずくしのSFA
admin tarafından 09 9月 2016, 00:00

これだけのことが並ぶと、うちの会社でも使ってみようか?と感じるのではないでしょうか?^^

社内に取り入れてすぐに運用が可能、それまでの自社のシステムを簡単に構築可能、あとから必要となりそうなパネルは費用の追加なく利用可能・・ですって。良いことずくしですよね?でも、そんなSFAがあるんだそうです。名称はJUST.SFA。導入後すぐに運用可能な機能があるそうで、これらをJUST.SFAではパネルと呼んでいるそうです。

企業ごと、あるいは部署ごとに利用したいパネルを選択。さらに追加していきたいパネルが出てもそれは費用が要らないとのことです。一般的には、初期費用のほかにこのようにあとから必要になる機能に関しては、ランニングコストのように新たに費用が必要となるのですが、JUST.SFAの場合にそれが要らないというのは大きな魅力となりますよね。

もちろん、と言って良いでしょうか、それぞれの機能はプログラミングの知識なく作ることができるので、どんどん追加していけそうですね^^

09 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
良いことずくしのSFA
admin tarafından 09 9月 2016, 00:00

これだけのことが並ぶと、うちの会社でも使ってみようか?と感じるのではないでしょうか?^^

社内に取り入れてすぐに運用が可能、それまでの自社のシステムを簡単に構築可能、あとから必要となりそうなパネルは費用の追加なく利用可能・・ですって。良いことずくしですよね?でも、そんなSFAがあるんだそうです。名称はJUST.SFA。導入後すぐに運用可能な機能があるそうで、これらをJUST.SFAではパネルと呼んでいるそうです。

企業ごと、あるいは部署ごとに利用したいパネルを選択。さらに追加していきたいパネルが出てもそれは費用が要らないとのことです。一般的には、初期費用のほかにこのようにあとから必要になる機能に関しては、ランニングコストのように新たに費用が必要となるのですが、JUST.SFAの場合にそれが要らないというのは大きな魅力となりますよね。

もちろん、と言って良いでしょうか、それぞれの機能はプログラミングの知識なく作ることができるので、どんどん追加していけそうですね^^

09 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
2週間のお試し期間を有効活用
admin tarafından 04 9月 2016, 00:00

株式会社アイアットOECが提供している営業支援システムのWaWaD-Be。「顧客情報、商談情報、商品情報、販促ツール、クレーム情報など自由にフォームを作成し共有できます」と紹介されています。

こちらの会社のシステムって、エクセルをずっと使っていきたい企業にとっては便利なのではないでしょうかね。WEB上の共有しながら進めていくことができるようですが、アプリなども好きに作っていくことができるとのこと。多機能を売りにしているシステムをよく見かけますが、本当に必要な機能ってそんなに多くはないそうなんです。なので、自社が必要とする最小限の機能で使いやすくカスタマイズできれば、使い勝手も良いでしょうね。

また、14日間のお試し期間があるのも魅力と思いませんか?使いやすいですよ~、と言われていても実際に使ってみると思っていた使い心地と違っていたという声も聞こえます。無料でもあるので、社内への導入を考えているところは検討されるのも良いのではないでしょうか。

営業支援システム SFA

04 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
2週間のお試し期間を有効活用
admin tarafından 04 9月 2016, 00:00

株式会社アイアットOECが提供している営業支援システムのWaWaD-Be。「顧客情報、商談情報、商品情報、販促ツール、クレーム情報など自由にフォームを作成し共有できます」と紹介されています。

こちらの会社のシステムって、エクセルをずっと使っていきたい企業にとっては便利なのではないでしょうかね。WEB上の共有しながら進めていくことができるようですが、アプリなども好きに作っていくことができるとのこと。多機能を売りにしているシステムをよく見かけますが、本当に必要な機能ってそんなに多くはないそうなんです。なので、自社が必要とする最小限の機能で使いやすくカスタマイズできれば、使い勝手も良いでしょうね。

また、14日間のお試し期間があるのも魅力と思いませんか?使いやすいですよ~、と言われていても実際に使ってみると思っていた使い心地と違っていたという声も聞こえます。無料でもあるので、社内への導入を考えているところは検討されるのも良いのではないでしょうか。

営業支援システム SFA

04 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
Microsoft Dynamics CRM Onlineを導入
admin tarafından 04 8月 2016, 00:00

すでに今年4月からの導入だそうですが、伊藤忠ファイナンシャルマネジメントという会社がMicrosoftのCRMであるMicrosoft Dynamics CRM Onlineを利用していることが発表されたそうです。伊藤忠ファイナンシャルマネジメントは伊藤忠の財務と経理という2つの仕事を請け負っていて、伊藤忠の6つの会社の「支払指示書の点検、承認業務」を担っている会社とのことです。財務と経理だけの会社があるなんて。。^^

伊藤忠と言えば丸紅と並ぶ総合商社。三菱、三井などの財閥から出てきた会社ではありませんが、ゆりかごから墓場まで、ありとあらゆる事業を展開していることで知られていますよね。伊藤忠では、ファミマといったコンビニ、クレジットカードなどの金融、スカパーなどの情報などを扱い、東京と大阪に本社を構えています。海外にも多くの拠点を持ち、グループ全体の従業員は6万人前後とも・・。

これだけ多くの社員、として広い範囲での事業を行っていれば、財務と経理だけを行う会社があってもおかしくないですね^^

04 8月 2016, 00:00 - Yorum Yap
Microsoft Dynamics CRM Onlineを導入
admin tarafından 04 8月 2016, 00:00

すでに今年4月からの導入だそうですが、伊藤忠ファイナンシャルマネジメントという会社がMicrosoftのCRMであるMicrosoft Dynamics CRM Onlineを利用していることが発表されたそうです。伊藤忠ファイナンシャルマネジメントは伊藤忠の財務と経理という2つの仕事を請け負っていて、伊藤忠の6つの会社の「支払指示書の点検、承認業務」を担っている会社とのことです。財務と経理だけの会社があるなんて。。^^

伊藤忠と言えば丸紅と並ぶ総合商社。三菱、三井などの財閥から出てきた会社ではありませんが、ゆりかごから墓場まで、ありとあらゆる事業を展開していることで知られていますよね。伊藤忠では、ファミマといったコンビニ、クレジットカードなどの金融、スカパーなどの情報などを扱い、東京と大阪に本社を構えています。海外にも多くの拠点を持ち、グループ全体の従業員は6万人前後とも・・。

これだけ多くの社員、として広い範囲での事業を行っていれば、財務と経理だけを行う会社があってもおかしくないですね^^

04 8月 2016, 00:00 - Yorum Yap
強気なApple
admin tarafından 13 7月 2016, 00:00

いつも強気な感じを受けるのですが、今年の秋にも発売と言われているiPhone7。このスマホの販売に向けてAppleは強気な姿勢を見せているそうです。

というのも、Appleがサプライヤーに対して「年内に7,200万台から7,800万台の製造を要求している」と報じられているそうなんですね~。私にはこの数が多いのか普通なのかはわからないのですが、強気と言っているわけですから多いのでしょう^^現に、この数が売れればiPhone7はここの2年においては最高の販売台数となるんだそうです。

では世間の見方はどうかと言うと・・6,500万台ほどと見ているようです。1,000万台近くの差がありますね~。これはどうでしょうか。

iPhone7についてはすでにいくつもリークされている情報があり、iPhone6と外観はほぼ変わらず、イヤフォンジャックの廃止などが噂されています。世界中が驚くような機能というのは聞かれないんですよね。となると、Appleの予想よりも世間の予想の方が当たってしまうのか。。

日本ではiPhoneは法人向けのスマートフォンとしてもたくさん利用されているので、日本での売れ行きは心配ないとは思いますが、それ以外での国の発売台数が気になるところですよね~。

http://geocrm.com/contents/gps/gpssales/

13 7月 2016, 00:00 - Yorum Yap
強気なApple
admin tarafından 13 7月 2016, 00:00

いつも強気な感じを受けるのですが、今年の秋にも発売と言われているiPhone7。このスマホの販売に向けてAppleは強気な姿勢を見せているそうです。

というのも、Appleがサプライヤーに対して「年内に7,200万台から7,800万台の製造を要求している」と報じられているそうなんですね~。私にはこの数が多いのか普通なのかはわからないのですが、強気と言っているわけですから多いのでしょう^^現に、この数が売れればiPhone7はここの2年においては最高の販売台数となるんだそうです。

では世間の見方はどうかと言うと・・6,500万台ほどと見ているようです。1,000万台近くの差がありますね~。これはどうでしょうか。

iPhone7についてはすでにいくつもリークされている情報があり、iPhone6と外観はほぼ変わらず、イヤフォンジャックの廃止などが噂されています。世界中が驚くような機能というのは聞かれないんですよね。となると、Appleの予想よりも世間の予想の方が当たってしまうのか。。

日本ではiPhoneは法人向けのスマートフォンとしてもたくさん利用されているので、日本での売れ行きは心配ないとは思いますが、それ以外での国の発売台数が気になるところですよね~。

http://geocrm.com/contents/gps/gpssales/

13 7月 2016, 00:00 - Yorum Yap