スマートフォンで情報共有
admin tarafından 13 2月 2015, 00:00

スマートフォンを活用して顧客情報を「社内共有」する企業は少なくない。例えばある製薬会社の営業マン達は、顧客である病院の情報を共有しています。営業マンは外出することが多く、扱う薬品や部署が違う為、営業マン同士お互いの情報を共有しづらい状況なのです。だから大きな大学病院などで同じ医師のもとに同じ製薬会社から複数の営業マンが訪問するというケースがよくある。そこでスマートフォンで情報を社内共有することにしました。同じ病院の情報をスマートフォンを使って即座に共有することで、他の営業マンは医師に対して効果的な提案ができるようになったというわけです。また情報共有がきちんとされていることで医師からの信頼度も高くなるという相乗効果も期待できそうですよね。スマートフォンの良いところはすぐに取り出せて情報を保存できるところだと思います。自社に帰ってからパソコンで入力する方法もありますが、それだと即時性が失われてしまうし、どんな内容の情報か忘れてしまいます。情報を社内共有するならスマートフォンが一番スマートな方法であるといえるでしょう。

Kategori: 未分類