PDCAを活性化させるには
admin tarafından 30 3月 2017, 00:00

製造部門で良く使われているPCDAという言葉。営業部門でもPDCAをうまく回していくことで利益を拡大しようとする動きが高まってきています。

PDCAとは計画を実行して評価、確認、という4つの段階をキッチリと踏むことで、今自社に何が必要で足りないのかを理解し、次の計画を行うこと。これによって無駄の無い効率的な業務を進めることができ、かつ利益も拡大することが可能となります。そこでPDCAを活性化させるツールとして活躍しているのがSFAです。

SFAには営業担当者の業務を効率化できる要素がたくさん入っていますし、情報の透明化ができることで営業部門全体の営業力を高めることが可能です。また情報が共有できるために、早め早めに必要な手立てを打っていくことができるんですね。

ただ営業現場でPCDAを活性化して盛り立てて行こう!と頑張るよりも、SFAといったツールをうまく活用していくことが、より効率的で効果も上がるものだということを知っておきましょう。

https://knowledgesuite.jp

Kategori: 未分類