タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を企業導入する場合、一元管理をしなければ業務効率化いはつながりません。
きちんと管理していない状態の場合、利用者がどのように利用しているのかが分からないため不正利用にもつながりやすく、逆に業務効率を下げてしまう恐れもあるのです。
またセキュリティ面をきちんと強化しておかなければ、外部に情報漏えいしてしまうリスクもあるでしょう。
そこで重要になるのがmdmの利用です。
mdmを利用してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することによって、セキュリティ強化、管理者の負担の軽減につながります。
mdm製品を比較する上で重要になるのが、簡単にデバイス登録ができるのか?ということです。
管理者の負担を最小限に抑えつつ、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が簡単にデバイス登録できるのかがポイントになります。

Kategori: 未分類