リモートワイプの注意点とは?
admin tarafından 17 7月 2018, 00:00

リモートワイプはmdmの基本的機能であり、企業などで大量のモバイルデバイス端末を導入した時には欠かせません。しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の電源が入っていない場合にはリモートワイプを実行させることがができません。またモバイルデバイス端末が通信圏外になっている場合もコマンドを受信できなくなります。地下など電波が悪いところで紛失してしまったり、機内モードに設定していたりする場合は、リモートワイプをしても意味がなくなってしまうのです。
また電車や駅構内でスマートフォンやタブレットを置き忘れてしまうと、貴重品として金庫などに保管されるため、通信圏外になることが多いです。
そしてもう1つリモートワイプをする上で注意しておきたいのが、リモートワイプでは全てのデータを消すことができるわけではないということでs。
スマートデバイス保存用メモリー領域には、システム領域、ユーザー領域、外部保存領域があります。この中でもリモートワイプで削除できるのは、システム領域のみになってしまいます。
アプリに保存されているデータやSDカード内のデータは消去できないので注意が必要です。

Kategori: 未分類