byodとは会社で私用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を私物のモバイルデバイス端末を利用することです。このbyodを導入する際には、セキュリティ対策やコスト面などをしっかりと考えて導入しなければなりません。円滑にbyodを導入するためには、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をmdmソリューションで一括管理する必要があるでしょう。
またmdmソリューションの導入とともに、byodに関する規約を定めておくべきです。例えば社員にとってはbyod導入ではコスト面がデメリットになることがあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末には送受信できるデータに上限があり、それを超えてしまうと追加料金が発生してしまいます。
また使用頻度が高くなればなるほどパソコンやスマートフォン、タブレットなどの劣化もはやまってしまうでしょう。特にモバイルデバイス端末のバッテリーの消耗は強く影響を受けてしまいます。この私物のモバイルデバイス端末にかかる使用料などのコストは、社会通念上byod手当という形で会社が補助をすることが必要と言えるでしょう。

Kategori: 未分類