VPPの使い方
admin tarafından 26 4月 2019, 00:00

VPPとはApple社が提供するVolume Purchase Programのことです。
モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmソリューションにおいて、Appやブックをユーザーの手元へ素早く簡単に配布することができるツールこそがVPPなのです。VPPはAppやブックを一括購入した後、mdmソリューション経由でiOS7移行またはOSX20.9以降を利用するユーザーそれぞれの端末に割り当てることが可能です。ユーザーは割り当てられたAppを所有している全てのモバイルデバイス上で利用することが可能です。もしもユーザーがAppを必要としなくなった場合には、もしくはユーザーが所属する組織を離れてしまったり、退職してしまったりした場合には同じAppを他のユーザーに再び割り当てることも可能です。
利用を始めるにはモバイルデバイス端末の管理ソリューション=mdmへ登録してもらうように、ユーザーを招待します。また登録のためにそれぞれの各ユーザーが必要なのはAppleIDとiOS7以降を搭載したモバイルデバイス端末またはOSX10.9以降を搭載したコンピューターだけになります。

Kategori: 未分類