権限によって機能を変えられるmdm
admin tarafından 24 2月 2018, 00:00

企業でも教育現場でも同じことが言えますが、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入してそれらを管理するのは、1人の管理者だけではありません。複数の管理者が管理を行っていくので、それぞれの管理者ごとに利用できる機能があると便利でしょう。Mdmツールにはそれらの機能がついており、複数の管理者ごとに利用できる機能、管理対象となるタブレットの設定管理などをすることができます。
例えば教育現場では、教育委員会、学校、学年などそれぞれ権限を持つ管理者がいます。例えば教育委員会を権限Aとすると権限Aでは全体の管理、mdm全機能を利用可能にする、ポリシーの設定、学習に利用するアプリの選定などをすることができます。
次に学校のICT責任者を権限Bとすると権限Bでは所属する学校限定の管理権限機能や、mdm全機能を利用可能にすることができます。
学年やクラスなどの教員の管理者を権限Cとすると、学年やクラス限定の管理権限を持つようにしたり、授業で使用するアプリの配信や、端末紛失時のロック、ワイプなどの操作を行うことができるようにします。Ascent Networks MoDeM

24 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdmの制限設定とは?!
admin tarafından 14 2月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を円滑に業務だけで使用するように設定するためには、スマートデバイス端末の一元管理が必要であり、様々なスマートデバイス端末の機能制限を行うことになるでしょう。
例えば学校で生徒がスマートフォンやタブレットを利用するとなった場合、どうしても授業以外でも使用したくなってしまうものです。しかし不正使用を行うと学習効率は極端に下がってしまいますし、外部へ情報漏えいしてしまうリスクも高くなるため、しっかりと機能の制限設定を行うべきなのです。例えばカメラ、Bluetoothなどのスマートデバイス端末の一部機能を無効化したり、アプリケーションのアプリストア、ブラウザアプリなどのプリインストールアプリの利用を制限するなどの機能もついています。制限設定を行うことで業務効率のアップ、学習向上につながるので、スマートデバイス端末を円滑に利用するためには欠かせないmdmの機能と言えるでしょう。MDMによるスマートデバイスの安全管理

14 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
MDMはコンテンツ配信が可能
admin tarafından 04 2月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はこれからのビジネス社会において欠かせないツールとなっています。スピーディーな仕事へとつながるモバイルデバイスは、多くの企業で導入されており、ビジネスの効率アップ、視覚的に相手へ訴えることができるため、売り上げアップにもつながります。モバイルデバイス端末の管理にはMDMツールが一般的です。このMDMはスマートフォンやタブレットの有効活用をするために、コンテンツ配信などを行っています。カタログ、提案資料、会議資料など複数同時にスマホに配信することが可能です。知らせたい情報をすぐにデスクトップに配信するテロップ機能も搭載されており、会議、イベントマニュアル、研修などの配布資料をペーパーレス化することに成功しています。さらに管理者はMDMで一元管理することで、ビジネスパートナー、社内連絡先、など社内で共有しなければならない連絡先をユーザーに一括して配信することもできます。詳しくはこちら

04 2月 2018, 00:00 - Yorum Yap
情報漏えい対策に欠かせないmdm
admin tarafından 02 11月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレット端末はコンパクトなため、外出時も持ち運びができ非常に便利です。どこにいても最新情報を受け取ることができますし、仕事の効率化が図れます。しかしその一方スマートデバイス端末は常に持ち歩いてしまうため、紛失、盗難の危険性が高く、紛失・盗難におけるリスクは事前にしっかりと考えておかなければなりません。紛失・盗難リスクの危険性を回避するためにはmdm機能が欠かせません。Mdmはノートパソコンやタブレットの盗難紛失時に、遠隔よりデータを削除して、情報漏えいを防止することができます。またスマートデバイス端末をロックして悪用を防ぐこともできるのです。さらにGPSやWi-FiAPからスマートデバイスの位置を探知して、地図上に表示することも可能。地図上で指定された範囲からスマートデバイスが持ち出されると管理者にアラート送信をすることもできるのです。盗まれたスマートデバイス端末が発見するために警察と協力しながら取り戻すサポートもmdmでは行うことができます。mdmに関してはこちら

02 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmによる端末のセキュリティ機能の強制
admin tarafından 23 10月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の導入は、企業での業務効率化を促進するためには欠かせないツールとなっています。しかしその一方で顧客情報や機密情報の漏えいリスクが課題となっており、この課題をいかに克服するかが焦点となっています。Mdmはスマートデバイス端末に対するセキュリティ強化と一元管理を提供してくれるツールであり、企業内のスマートデバイスをより安全に、より統制の取れた形で利用することができるのです。
Mdmは紛失時の情報漏えい防止機能が付いているものがほとんどです。スマートデバイス端末を紛失した時に、遠隔での端末ロックやデータの削除、さらには向上出荷時状態への端末初期化(リモートワイプ)などを行うことができます。そのため、もしも紛失、盗難された時でも情報漏えいを防止することができるのです。
さらにmdmではセキュリティポリシー強制の機能もあります。
パスワードポリシーなどのセキュリティポリシーを強制的に適用させることで、利用者(エンドユーザー)に対して、端末のセキュリティ機能を強制することができます。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

23 10月 2017, 00:00 - Yorum Yap
万が一の紛失、盗難に備えたmdmの機能とは?
admin tarafından 16 9月 2017, 00:00

企業でスマートフォンやタブレット端末を導入するにあたり、気を付けておきたいのが端末の紛失や盗難です。
モバイルデバイス端末が紛失、盗難されてしまうと、モバイルデバイス内にある機密情報や個人情報などが外部に漏れ出てしまう恐れがあるため、非常に危険です。スマートフォンやタブレット端末を利用する3人に1人がスマホなどのモバイルデバイスを失くした経験があると言われるほどで、紛失、盗難されたスマートフォンを拾った人がデータにアクセスする確率は96%とも言われています。つまりスマートフォンやタブレット端末を企業で導入するためには、紛失、盗難というリスクをしっかりと認識して対策することが重要になるのです。
このモバイルデバイスの盗難、紛失を解決するために欠かせないのがmdmです。Mdmでは紛失時に位置情報を確認し、リモートで画面ロック、データの初期化を行い、情報漏えいを防ぐことができます。また利用ルールに違反したモバイルデバイス端末をアラートで確認することができるため、未然のトラブル防止が可能になっています。
MDMのリモートロックとワイプが最強

16 9月 2017, 00:00 - Yorum Yap
モバイルデバイスの一括設定
admin tarafından 03 9月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一括導入する場合、それらの端末をまとめて管理する必要があります。モバイルデバイス端末の一括設定を行うのは管理者だけでは不可能ですので、mdmツールを使うことで効率的に管理をすることができるのです。Mdmはモバイルデバイス端末を一元管理できる機能ツールであり、モバイルデバイス端末の一括設定機能があります。Wi-Fi接続設定やメールの設定、VPN設定などを一括して行うことができるので管理者の負担を最小限に抑えることができます。また特定のウェブページに素早くアクセスするためのウェブクリップをユーザーの端末上に配置することで、ウェブページを見やすくすることもできるでしょう。
企業などでモバイルデバイスを導入している場合、スマートデバイスを業務で利用する時に、社内ネットワークへの接続やサポートデスクへの連絡方法などを各端末に連絡しておく必要があります。その時にmdmを利用することで簡単に設定することができるのです。
iosを管理するMDM

03 9月 2017, 00:00 - Yorum Yap
担当者の負担を軽減できるmdm
admin tarafından 23 8月 2017, 00:00

mdmを利用することで企業での大量のモバイルデバイス導入をスムーズに管理することができます。大量、他機種のモバイルデバイス端末を導入すると一括した管理をするのは自分だけでは到底無理な話です。そこで導入したモバイルデバイス端末を手軽に一括設定できるmdmを利用することによって、情報システム担当者の作業工数を大幅に減らすことができ、その分他の仕事の効率がアップします。またmdmはWindows8の対応はもちろんですが、android、iOSなど様々なOSを一括して管理することができます。OSが違っていても問題なく管理できるというのも魅力の1つと言えるでしょう。OSだけではなく、機種に関しても幅広く対応可能です。
各メーカーの新発売端末でも実機検証を行っているのですぐに新機種にも対応できますし、100機種以上に対応しているmdmも多いです。資産管理として端末の情報を一括管理できるので、設定も楽ですし、情報操作をすることも可能です。
担当者に必要なのはリモートロックなどMDMきのうですよね

23 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap
業務用
admin tarafından 13 8月 2017, 00:00

業務用のスマホと一般用のスマホ。ここに大きな違いはない。あるとすればMDMシステムの管轄下に置かれアプリや機能の一部が制限されているという点のみで、物自体はいわゆる普通のスマホである。その一方で割と本気で「業務用」のスマホを投入するメーカーも現れた。スマホが高い性能を有し、アプリの導入によって様々な機能を付与できるのは知っての通りで、カメラと専用のアプリを用いいる事でバーコードの読み取りも可能となるが、やはり専用のレーザースキャナーを搭載したハンドスキャナーの速度、射程距離には遠く及ばず、倉庫などのホコリの多いヘビーな環境にも精密機械のスマホは不向きである。ではヘビーな環境に耐えうるタフネスを持った端末にレーザースキャナーを付けよう。となり、結果的にゴツくて重そうで丈夫そうな端末にレーザースキャナーを搭載した機種が生まれた。むしろスマホっぽいハンドスキャナーと言った方が分かりやすいか。これにより在庫管理や発注業務の後、PCに取り込んで送信という手間が端末一つで完結する・・・ようにはなったが、局所的使用を想定した汎用デバイスというのも妙な話である。MDM

13 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap
検討条件
admin tarafından 04 8月 2017, 00:00

MDMと言えば業務用スマホの一元管理というイメージも強いが、MDの部分には「タブレット」も含まれる。また旧式の携帯電話なども立派なバイルデバイスであると言える。業務、職種によって最適なデバイスは異なるし、環境によってはキャリア通信が必要なケースと社内のWi-Fiのみで良いケースもある。また使用エリアも社内、国内、海外とシーンによって最適なサービスが異なる。またスマホやタブレットの「移り変わり」はまさに日進月歩、常に最新機種を導入する必要はないが、そうそう長期に渡って使い続けるのも難しい。特にバッテリー周りの寿命と生産終了という流れは「端末の寿命」と言えなくもない。もちろん屋内使用に限ればコンセントから直接電源を取れるという意味では別の使い道も無い訳ではないが、常に何らかの形で「更新」という作業は付きまとう事になる。気がつけば社内で使っている端末の機種もバージョンもキャリアも異なるなんて事も起こりうる。そのような雑多な状況に対応できるMDMサービスかどうかという点も、可能なら初期の段階から視野に入れて検討を進めたいものだ。

04 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap